2014年03月16日

本を出版しました

2012年の一年間、ニューカレドニアに滞在しておりました。
2013年の一年間、そのときの体験を元にした本の制作に励みました。
そして2014年3月17日、その本が発行されました。
みなさま、応援ありがとうございました。
みなさまに感謝いたします。
メルシボク!

ニューカレドニア 美しきラグーンと優しき人々 (KanKanTrip) -
ニューカレドニア 美しきラグーンと優しき人々 (KanKanTrip) -
posted by 理乃 at 22:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月08日

ご報告

Mon livre sera publié le 17 Mars.

ご報告です。

ニューカレドニア滞在時の体験を元にガイド本を発行します。

『ニューカレドニア 美しきラグーンと優しき人々』3月17日発売です。
http://www.kankanbou.com/kankan/index.php?itemid=560

action.jpg

みなさまどうぞよろしくお願いします。
posted by 理乃 at 05:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月14日

2012年12月30日に帰国しました

ほぼ1年にわたるニューカレドニア北部州、
ポワンディミエでの生活を終え、
12月30日に帰国しました。
ニューカレドニア滞在中は、このブログにお越しくださいまして、
ほんとうにありがとうございました。

帰国後のブログはこちらです。
ご興味がおありの方はどうぞお越しくださいませ。

★ふらら福岡
http://elsa-blog.seesaa.net/

★ふらら太宰府
http://rino-blog.seesaa.net/
posted by 理乃 at 11:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月05日

PICNIC最新号です♪

PICNIC最新号です♪
http://www.picnic.nc/journal.html
posted by 理乃 at 14:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月30日

無事帰国しました

本日、無事日本に戻ってきました。

真夜中の空港まで見送ってくださったA子さんY子さん、
ありがとうございました。
いろんな人との別れがありました。
飛行機が離陸するとき、涙を抑えることができませんでした。

みなさま、ニューカレドニアでは応援していただきまして、
本当にありがとうございました。
次は違う形でニューカレドニアを紹介したいと思っています。

さて、ブログは明日から
福岡便りhttp://elsa-blog.seesaa.net/
太宰府便りhttp://rino-blog.seesaa.net/
に戻ります。
ニューカレドニアに関連する情報がありましたときのみ
このブログに戻ります。

とりあえず無事の報告まで。
posted by 理乃 at 18:11| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月29日

さようならヌーベル・カレドニー

今日はヌメアともお別れの日。
この最後の日に、わたしをニューカレドニアに呼んでくれたA子さんと
海辺のレストランでランチできてよかった。
アクアに寄ってTさんにもごあいさつできてよかった。

今から、MさんとY子さんと会ってお食事して、
それからY子さんにトントゥータ空港に送ってもらいます。

たった1人でやってきたニューカレドニア。
でも帰国するときは1人ではありません。
この美しい島で、わたしは多くの人に出会いました。
そして人々にやさしくしてもらった。

わたしはこの島を愛しました。
そして多くの人と絆をもちました。
そのつながりが、きっとまたわたしをこの島に連れ戻す。
そんな気がしています。

さようならヌーベル・カレドニー。
でもこれが最後じゃない。
À bientôt!
Nouvelle Calédonie!
posted by 理乃 at 13:47| Comment(2) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

さよならヌーベル・カレドニー

ヌメア最後の日を過ごしています。
わたしをニューカレドニアに呼んでくれたA子さんとも会って
海辺のレストランでランチをすることができました。
うれしかった。
アクアにも寄って、さようならを言えた。
Tさんご夫妻、ほんとにありがとう。また来るからね!

これからまたお友だちのMさんとY子さんと会ってお食事して、
その後Y子さんにトントゥータ空港まで送ってもらいます。
1人でやって来たのに
ぜんぜん1人じゃない帰国…。
暑い暑いニューカレドニアに万感の思いを込めてさようならです。
ありがとう!
ヌーベル・カレドニー。
ありがとう。
ヌーベル・カレドニーを愛し、そこで暮らす優しい人たち。
わたしはきっとまたもどってきます。
いろんな絆が、再びわたしをこの島に呼び寄せる
そんな気がしながら今別れを告げます。

À bientôt!
Nouvelle Calédonie!
posted by 理乃 at 13:30| Comment(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月27日

明日、ポワンディミエに別れを告げます

いよいよ、明日ポワンディミエを去る日となりました。

一日出発を延ばしたせいで
電気を止めるのも延ばしてもらったり今日も大忙しでした。

体調を壊していて重労働はつらい状況なのですが、
OPTで偶然会ったミシェルが
窓ガラス拭きと、すべてのカーテンの洗濯を手伝いにきてくれました。
おかげで窓だけはピカピカ。
引っ越しの荷物を4個OPTから送ったら
それだけで7万フラン近い出費でした。
生徒のピエール=アンリとそのお母さんにもOPTで会えてよかった。

今日はとても暑い一日でした。
夕方にはお決まりの雨も…。
どこへ行くのも、まあ車で不自由なく動けるようになったのに
さようならです。

そうそう。引っ越ししたときにしたエタ・ド・リュというやつを今日しました。
市役所から人が来て、アパートの総チェックをします。
その係はなぜか消防士なんですよね。
いろんな不備を訴えておきました。
彼にもお箸をプレゼント。
さようならと、ありがとうは言える彼でした。

お隣のお隣のルドヴィックも挨拶に来ました。
カナックの彼はとてもやさしい人だった。
これからも2年毎にニューカレドニアの各地を転勤して生きていくのかな…。

明日は9時に出発します。
運転はジャン=ピエールが一緒に育ったというイヴという人に頼みました。
明日の午後はヌメアに着いているでしょう。
明日は疲れを癒すだけになりそうです。
posted by 理乃 at 16:10| Comment(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月26日

お知らせ

ヌメア行きは明日を予定していましたが、
諸事情により28日の朝に変更となりました。
28日はヌメアに滞在していると思いますが、
29日は空港の近くのホテルに移動する可能性大です。
ヌメアの皆様にも最後のお別れをしたかったのですが、
難しい状況となっています。
posted by 理乃 at 20:05| Comment(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月25日

すてきなノエル…

昨日はすてきなノエルを過ごしました。

午後5時。ささやかなクリスマスイルミネーションが施された人通りの少ない
ポワンディミエの道をセリーヌとダニエルの家まで…。

喜んでわたしを迎えてくれるレオ。
台所ではセリーヌがごちそうを作る準備をしています。

レオはわたしを庭へと案内して、
いろんな植物を教えてくれます。

居間には大きなクリスマスツリー。
部屋にはクラシックが流れています。
プレゼントはクリスマスツリーの下に置いておきます。

食事の前にセリーヌは花火を見に連れて行ってくれました。
海岸で30分間打ち上げ花火があるのです。
わたしたちは高台で見ました。

花火の前は競技場にもちょっと寄りました。
電飾が施された車の中でサンタクロースが子どもたちにプレゼントを配るのです。

実はダニエルは、ここには書けない食べ物をわたしのために用意してくれました。
初めて食べることになったその食べ物…。
(知りたい人は帰国したら、そっと聞いてね)

フォアグラから始まり、
マグレカナール、カキなど
豪華なクリスマス料理は続きました。

そしてプレゼントの交換。
もと軍隊にいたダニエルはチャドでの戦争のときの写真を見せてくれました。

ここにも家族のようにわたしを迎え入れてくれた人々がいました。
あたたかいセリーヌとダニエルのもてなしを
わたしはどれだけ感謝したことでしょう。
そしてわたしをとても慕ってくれるダニエルの息子レオ…。

さようならを言ってセリーヌを抱きしめているとき
やはり涙が滲んできました。

引っ越しの作業はいつでも手伝うから電話してと
言ってくれる彼ら…。

さようなら。
でもほんとのさようならではなくて、
彼らともこの先、絆を結び続けていくと思います。

追記:
今日こそは荷造り頑張ります…。
posted by 理乃 at 09:45| Comment(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。